HARUnoLABO.

コンビニの新商品から100均まで毎週ご紹介!忖度なしのホンネレビュー。

コンビニ 商品レビュー

セブンイレブンのメロンパンを食べ比べ! アイス入りを温めると、個性がなくなるからおすすめしない…

セブンイレブンでは、通年で購入できる『メロンパン』が2種類あります。

メロンパンにアイスが入ってスイーツ感覚で食べられるものと、バターの香り豊かな定番メロンパン、どちらかを食べたことがある人も多いはず。

今回は、2種類のメロンパンを食べ比べた感想や、カロリーなどをご紹介します。

セブンイレブン×メロンパン『セブンプレミアム 冷たく食べるメロンパン』

一時期、メロンパンアイスが流行しましたが、セブンイレブンでは通年で購入できます。

冷凍食品売り場にひっそりと並んでいるので、まだ食べていない人は覗いてみてください。

ただし、こちらの『セブンプレミアム 冷たく食べるメロンパン』は、アイス以上にメロンパンそのものの味わいを体験できるので、新食感です。

袋から出してみると、丸々1個大きなメロンパンが凍った状態で出てきました。

表面のクッキー生地がサクサクとしてそう。

半分に切ってみると、パンの中心にアイスが入っています。

食べてみると、クッキー生地はサクサクというより、しっとりとした食感でした。

ほのかにメロンパンの甘い風味があって、パンの生地自体は若干パサついていたような気がします。

そして、気になる真ん中のアイスは、ミルクのコクが濃厚に感じられるソフトクリームに近い味わいで、通常のバニラアイスよりもおいしかったです。

もったりとした、なめらかな食感もソフトクリームに似ています。

食べた後で知ったのですが、これはアイスではなくホイップクリームでした。

パンの大きさに対しての量も多すぎず、メロンパンのおいしさを消していないバランスのよさが感じられます。

ちなみに、こちらの『セブンプレミアム 冷たく食べるメロンパン』は、温めて食べる方法もパッケージの裏面に表記されていました。

右上をご覧ください。500〜600Wで20秒ほど温めると、食感が変わります。

メロンパンのフワッと食感が増してバターの風味が引き立ち、中のクリームがとろ〜り。

とろけるクリームがパンに染みて、味わいも大きく変わります。

筆者的には、ホイップクリームのアイス感覚で食べられる食感がなくなって、味わっている暇なく口の中に消えていってしまうので、おすすめしません…。

そんな『セブンプレミアム 冷たく食べるメロンパン』の価格は213円(税込み)、カロリーは1個あたり347キロカロリーです。

▽セブンイレブンでアイスを買うなら、こちらのミルクアイスもおいしいですよ!

セブンイレブン×メロンパン『やさしい甘さのメロンパン』

セブンイレブンのパン売り場に並んでいる、定番人気のメロンパンといえば『やさしい甘さのメロンパン』です。

こちらのメロンパンは、たびたびメディアでもそのおいしさが絶賛されています。

筆者は初めて食べましたが、パン好きを唸らせる本物のおいしさでした!

前述でご紹介したメロンパンアイスと異なり、クッキー生地の部分は『格子柄(こうしがら)』ではありません。

袋から出した瞬間にふんわりと香るバターの上品な香りが、焼き立てのメロンパンを連想させてくれます。

表面の食感はしっとりとしていて、中のパン生地はふかふか…。

クッキー生地が薄めなので、パンの優しい甘さが引き立ち、バター風味も口いっぱいに広がります。

おいしくないわけがない!

後味に香ばしいクッキーの味わいが感じられるのも、計算され尽くしたメロンパンのおいしささと思います。

シンプルなのにかなりおいしくて、もっと早く食べておけばよかった…筆者は後悔しました。

そんな『やさしい甘さのメロンパン』の価格は118円(税込み)、カロリーは1個あたり371キロカロリーです。

▽バターの風味がおいしい商品は、こちらの記事でもご紹介しています!

【まとめ】セブンイレブンのメロンパンは定番が1番おいしい

セブンイレブンで通年販売されている、メロンパン2種類をご紹介しました。

筆者的な感想をまとめると…。

     
  • 『セブンプレミアム 冷たく食べるメロンパン』は、冷たいままがおいしい
  • 中に入ったホイップクリームがなめらかなで、ソフトクリームのようだった
  • 『やさしい甘さのメロンパン』は、バターの香りを楽しむためのパン
  • 甘すぎず、ふかふかな食感とクッキーの後味がおいしすぎる
 

また、こちらの記事では冷凍スイーツの商品をご紹介しています。合わせてチェックしてみてください!

最後までご覧いただき、ありがとうございました。