HARUnoLABO.

コンビニの新商品から100均まで毎週ご紹介!忖度なしのホンネレビュー。

コンビニ 商品レビュー

【セブンイレブン】ミルクレープが16層とkiriチーズ!? 進化もスプーンも止まらない

セブンイレブンで発売しているミルクレープは、2種類あります。

どれも洋菓子店のレベルに近いクオリティで、食べ進めるスプーンが止まらないと話題に。

今回は、洋菓子店に勤めていた筆者が

  • 『セブンプレミアム 16層の幸せ重なるミルクレープ』
  • 『セブンプレミアム レアチーズミルクレープ』

を食べ比べてみました。

『セブンプレミアム 16層の幸せ重なるミルクレープ』を食べてみた

ケーキの中で、筆者が最も好きな種類といっても過言ではないミルクレープ。

セブンイレブンにケーキを買いに行ってみると、ピンポイントでミルクレープしか販売されていなかったので、「攻めてるな…」と思いました。

黄色のクレープ生地にきれいな焼き色がついていて、とても美味しそうですよね。

横から見てみると、クレープの層もきれいで生クリームもたっぷり入っています。

商品名に『16層の〜』とあるのが気になり、実際に生地の枚数を数えてみた筆者。しっかり16枚のクレープが重なってました

フォークを入れた時の、ススス…と入る手応えがたまりません。

ミルクレープには生クリームがいっぱい入っていますが、甘さよりミルクの風味が濃厚で甘さは控えめでした。

ケーキのおしりの部分は、クレープ生地が分厚く卵の風味をより感じられておいしかったです。

層も多く、作るのに手間がかかっているな…と感心しました。

『セブンプレミアム 16層の幸せ重なるミルクレープ』の成分・カロリーは?

『セブンプレミアム 16層の幸せ重なるミルクレープ』の価格は300円(税込み)、カロリーは1個あたり278キロカロリーです。

『セブンプレミアム レアチーズミルクレープ』を食べてみた

卵で作られた生地が一般的なミルクレープですが、こちらはクリームチーズが練り込まれているので白色です。

また、使用されているチーズは甘くて濃厚な『Kiriチーズ』で、スイーツとの相性も抜群。

筆者はよく、『Kiriチーズ』をスーパーで購入して、 そのままつまみます。

ミルクレープらしくない見た目が面白いですね。

洋菓子店に勤めていた筆者でも見たことがない、珍しいタイプのミルクレープでした。

前述でご紹介したプレーンタイプのミルクレープと比べると、カットは細め。1番下の層は、ふわふわのスポンジでできていました。

粉糖かと思いきや、チーズ味のする粉で、レモンとチーズのさわやかな甘さが口の中で広がります。

クリームはもったりとした固さがあって、もちもちとした食感のクレープ生地と対照的でした。

生地は12層ほどで、あまりボリュームはありませんが、味が濃厚なので程よくお腹に溜まっておいしかったです。

『セブンプレミアム レアチーズミルクレープ』の成分・カロリーは?

『セブンプレミアム レアチーズミルクレープ』の価格は300円(税込み)、カロリーは1個あたり321キロカロリーです。

【おまけ】手のひらサイズのクレープもおすすめ!

セブンイレブンではミルクレープ以外に、手のひらサイズのクレープも販売中です(2021年7月現在)。

クレープの定番味『チョコバナナ』は、最近販売されたばかり。

これまで、チョコ味やイチゴ味などが登場していましたが、筆者はチョコバナナ味を待っていました。

ちょっと食べかけですが、クレープもバナナのサイズも大きく、とてもボリューミー!バナナは、1本の半分ほど入っているような気がしました。

チョコクリームはミルク風味のある甘さなので、甘党の人はうなること間違いなしのスイーツでしょう。

そんな『チョコバナナクレープ』の価格は213円(税込み)、カロリーは1個あたり250キロカロリーです。

▽セブンイレブンのクレープは、こちらの記事でもご紹介しています。

【まとめ】300円でミルクレープは破格では…?

セブンイレブンのミルクレープ2種類をご紹介しました。

総評です。

     
  • ミルクレープの甘さ
    …☆☆★★★
  • フォークを刺した時の楽しさ
    …★★★★★
  • チーズクリームのさわやかさ
    …★★★★★
  • コスパ
    …★★★★★
  • リピート
    …★★★★★
 

ミルクレープは、クレープ生地と生クリームで作られたシンプルなケーキですが、作るのが大変なスイーツです。

そんな商品がたった300円で購入できるのは、破格ではないでしょうか。

味もおいしくコスパも抜群なので、ケーキが食べたくなったらセブンイレブンで購入するのもおすすめですよ。

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

※当記事は、こちらでも執筆済みです。ぜひ、読み比べてみてくださいね。