HARUnoLABO.

コンビニの新商品から100均まで毎週ご紹介!忖度なしのホンネレビュー。

コンビニ 商品レビュー

【セブンイレブン】プリン2種類はもう食べた? 『とろなまプリン』が最高すぎて優勝!

セブンイレブンで発売中の定番スイーツ『プリン』。

当ブログでは、さまざまなプリンをご紹介してきましたが、実は定番で王道味のプリンをあまり取り扱ったことがありません。

今回は、

  • 『きみだけのプリン』
  • 『とろなまプリン』

2種類のプリンの食べ比べをご紹介します。

『きみだけのプリン』を食べてみた

なんともロマンチックな商品名をしたこちらのプリン。

卵の黄身を贅沢に使用して作られたプリンだそうで、名前にも「なるほど」とうなずけます。

カップのフタを開けると金色のパッケージが出てきて、豪華な印象に。

そして、気になるプリンの味は、卵の風味も強く感じられる”プルンプルン”な食感です。

スプーンですくい、口に運ぶと唇に吸い付くようなを感覚も。これは”キュン”とする食感ですね。

カップの底に入っているカラメルは、プリンと混ざり合うような”とろり”としたものでした。

『きみだけのプリン』の価格は159円(税込み)、カロリーは1個あたり139kcalです。

▽セブンイレブンのプリンは、こちらの記事でも紹介しています。

『とろなまプリン』を食べてみた

次に、『こだわりの口どけ とろなまプリン』を食べてみました。

こちらのプリンは、近畿・四国・九州地方で限定販売されている商品です。

先述でご紹介した『きみだけのプリン』とは異なり、シンプルなパッケージをしていますが果たして…。

フタを開けると、ブヨブヨとした膜(まく)のようなものがお出ましです。

見た目は「湯葉っぽい…」とも感じましたが、そもそも私は湯葉を食べたことがないので似ているのかも自信がありません(笑)。

スプーンを入れてみるとこんな感じです。

卵がたっぷりと感じられる薄い膜と、”とろっとろ食感”のプリンです。

カップの中ではしっかりと固まっているプリンですが、一口食べると口の中で溶けてしまうほどの柔らかさに感動します。

カラメルは少し苦めで液体のようにゆるく、プリンの食感によって形状を変えているセブンイレブンのこだわりを感じました。

苦くても、プリンと合わさることで香りが際立ち美味しく食べられます。

『こだわりの口どけ とろなまプリン』の価格は192円(税込み)、カロリーは1個あたり299kcalです。

▽セブンイレブンのプリンは、こちらの記事でも紹介しています。

【まとめ】『とろなまプリン』は絶対食べて!

 

セブンイレブンで発売中の『プリン』を2種類食べ比べてみました。

総評です。

     
  • プリンへのこだわり
    …★★★★★
  • 食感の違い
    …★★★
  • コスパ
    …★★★★★
  • リピート
    …★★★★★
 

プリンに使用されている卵の種類をこだわっていたり、商品によってカラメルのとろみ具合が違ったりといろいろな面で発見のあるスイーツでした。

突然ですが、私はあまり地元が好きではありません。

しかし、セブンイレブンの『とろなまプリン』に関してだけいえば「地方でよかった…」というのが本音です。

もし地方のホテルに出張で宿泊…などの機会があれば、セブンイレブンで『とろなまプリン』を購入してみてください。

当記事は、こちらでも執筆済みです。ぜひ、読み比べてみてくださいね。