HARUnoLABO.

コンビニの新商品から100均まで毎週ご紹介!忖度なしのホンネレビュー。

100円ショップ 商品レビュー

ダイソーのブルートゥーススピーカー入荷されてた! レトロさが好みすぎて毎日使ってるよ

ダイソーではさまざまな電子機器が販売されています。

価格帯も100〜1,000円と幅広く、性能も大きく違うのが特徴です。

今回は、SNSで話題になり入手困難だったダイソーの『ブルートゥーススピーカー(レトロタイプ)』をようやく手に入れた筆者が、使い心地をご紹介します。

ダイソー『ブルートゥーススピーカー(レトロタイプ)』の使い心地は?

ダイソーで税込み770円で販売されている『ブルートゥーススピーカー(レトロタイプ)』。

入手困難な時期が長く続き、筆者はスピーカーの存在を知ってから入手までに5か月ほどかかりました。

いざ実物を目の前にすると、これが本当にかわいい。

ラジオのおもちゃのような見た目をしているのに、かなりの高性能で驚きました。

まだ使い始めてからあまり時間は経過していませんが、開封から毎日YouTubeで音楽を垂れ流すほどには満足しています。

使い心地の感想を、次の項目でまとめるとこんな感じ。

  
  • 音質…☆★★★★
  • 高音…★★★★★
  • 低音…☆☆★★★
  • 音量…☆★★★★
  

音質は低音が弱い

アーティストの楽曲を『ブルートゥーススピーカー(レトロタイプ)』から流した時、歌声はクリアに聞き取れました。

しかし、ドラムなどの低音は高音のサックスなどと比べると、こもって聞こえます。

ある程度は重厚感のある音質で演奏も聞けるので、『音が軽い』などといった不快感は一切ありません。

むしろ、少しこもった低音さえも、スピーカーがレトロなデザインのおかげで『エモく』聞こえるような気がします。

音量はペアリングした機器に左右される

オーディオコンポにも劣らないパワーの音量を感じます。

ただ、ブルートゥースでペアリングした機器の元音量に左右されるようで、PCとスマホで聴き比べた時は音量の違いに驚きました。

『ブルートゥーススピーカー(レトロタイプ)』には、ボリュームを調整できるつまみが付いていて、ささやくほど小さな音まで絞れます

寝る前にちょっと音楽を聴きたくなった時は、小さな音で聴くとぐっすり眠れそう。

つまみで10〜90まで調整ができますが、筆者の体感的に50〜90まではボリュームが一定で、変わらないような気がしました。

▽ダイソーでは、他にも便利なグッズが多数販売されています!

ダイソー『ブルートゥーススピーカー(レトロタイプ)』のスペックは?

『ブルートゥーススピーカー(レトロタイプ)』のスペックは次のようになっています。

  
  • USB type-Bで充電可能(要3時間)
  • 音量最大で4.5時間連続再生可能
  • 作動範囲10m
  • 重量206g
  

まず、『ブルートゥーススピーカー(レトロタイプ)』に付いているつまみ・ボタンは全て反応します。

おもちゃのようで、しっかりとした作りです。早送りや巻き戻しも可能。

ブルートゥースでペアリングしなくても、microSDにプレイリストを作成して差し込めば、いつでも音楽が聴けます。これは、通信料などを気にせず使える嬉しいポイントかも。

軽くて作動範囲も広いので、お風呂やキッチンにも持ち運べます。

また、筆者はブルーを購入しましたが、ほかにもホワイト・ピンクが販売されているようです。ピンクが人気なのか売り切れていました。

ホワイトも欲しいな〜。

ダイソーで見つけたら、次はいつ出会えるか分からない人気商品なので、ぜひ手に取ってみてくださいね。

また、こちらの記事ではセリアのスピーカーもレビューでご紹介しています。合わせてチェックしてみてください!