HARUnoLABO.

コンビニの新商品から100均まで毎週ご紹介!忖度なしのホンネレビュー。

コンビニ 商品レビュー

セブンイレブンのアイス新作は『濃密芋』 今までの『まるで〇〇シリーズ』とは全然違う!

秋といえば、さつまいも。セブンイレブンの人気アイス『まるで〇〇シリーズ』に、『濃密芋』味が新登場しました。

ねっとりとした濃厚な甘さが特徴の『まるで〇〇シリーズ』ですが、濃密芋のアイスは何かが違う!?

今回は、

  • 『セブンプレミアム まるで濃蜜芋』
  • 『セブンプレミアムまるでキウイ』

をご紹介します。

『セブンプレミアム まるで濃蜜芋』を食べてみた

秋に食べる焼き芋は、ホクホクとした食感・ねっとりとした食感、芋の種類によってその味わいも大きく変わります。

セブンイレブンのアイスになると、ホクホクもねっとりも全てがギュッと凝縮された、まるで本物のような濃密な味の芋に大変身!

これまで販売されていた同シリーズのアイスは、ねっとりとした食感が強かったですが、濃密芋のアイスは、味や食感で新たなステージに上がったような気がしました。

濃いオレンジのような色をしていて、熟した芋!という印象を受けるアイス。アイスの下のほうに向かって、徐々に色が濃くなっているのが分かりますね。

サイズは同シリーズと変わらない、一般的なアイスバーほどの大きさです。

ひと口目で、ホクッとした食感がありました。「アイスなのにホクッてどういうこと…」と、ゆっくり味わっていると、芋の食感が。

食べ進めるごとに、ゴロゴロとした大きさの芋ダイスがアイスから出てきて、まるで冷やした焼き芋を食べているような感覚になりました。

『まるで〇〇シリーズ』特有の濃厚なねっとりとした食感は、アイスの後半になると芋の甘さが詰まって味わえるようになっています。最後のほうは芋ダイスが入っていません。

アイスは、芋の深い香りやコクがとても濃厚で、筆者的に『ラム酒』のような風味も感じました。アイスの成分表にも洋酒と書かれていたので、香り付け程度に使用されているのかも。

また、成分表には『みりん』の表記もあり、まろやかな甘さはみりんからも来ているようです。コンビニスイーツにみりんを使用しているのは、ここ最近でも多くなっていて、セブンイレブンのアイスにもこだわりを感じました。

ねっとり以外の食感があったアイスは、『まるで〇〇シリーズ』でも初めてだったので、驚きとともに感動もあっておいしかったです!

『セブンプレミアム まるで濃蜜芋』の成分・カロリーは?

『セブンプレミアム まるで濃蜜芋』の価格は149円(税込み)、カロリーは1個あたり118キロカロリーです。

▽セブンイレブンのアイス『まるで〇〇シリーズ』は、こちらの記事でもご紹介しています!

『セブンプレミアムまるでキウイ』を食べてみた

前述でご紹介した『セブンプレミアムまるで濃密芋』より、ひと足先に発売されていたのがキウイ味です。

筆者的にキウイが夏というイメージが薄かったので、市場にはさまざまなメーカーからキウイ味のアイスが登場していてびっくりしました。

人生で初めて食べたキウイ味のアイス、どのように感じたかというと…。

キウイってこんなに酸っぱかったっけ!

普段甘いものばかり食べていたからか、キウイの酸味がとてもキツく感じました。

とはいっても、レモンをそのまま食べるほどではないので、「すっぱ!」と一瞬声を上げる程度。

ねっとりとした食感に、さっぱりとしたキウイの酸味が凝縮されていて、つぶつぶの種が本当に入っていたのは、本物のキウイに忠実に作られているな…と感心しました。

キウイの酸っぱさに慣れてきた頃、アイスの中心が白っぽくなっていることに気付いた筆者。

どれだけ長い間キウイが食卓並ばなかったのか、キウイの中心が酸っぱい果物だったことをアイスを通して思い知りました。

また、酸味の濃さも変われば食感にも変化があり、食べ始めはねっとりだったのが『シャリシャリ』に。そんなところもキウイに似せたのかもしれません。

最終的にアイスの味は『ハイチュウ』っぽいような気もしました。

『セブンプレミアムまるでキウイ』の成分・カロリーは?

『セブンプレミアムまるでキウイ』の価格は138円(税込み)、カロリーは1個あたり120キロカロリーです。

▽セブンイレブンのアイス『まるで〇〇シリーズ』は、こちらの記事でもご紹介しています!

【おまけ】本物のキウイはどんな味?

まるで本物のキウイのような味わいのアイスを食べたら、今度は本物のキウイの味が気になるというもの。

セブンイレブンでは、パウチに入ったフルーツも販売されているので、アイスと一緒にキウイも購入しました。

テレビCMで見かけるとノリノリで口ずさんでしまう、『キウイブラザーズ』の歌でおなじみ『ゼスプリ』と、セブンイレブンのダブルネームの商品となっています。

キウイ1個分でしょうか、皿に出すと4切れしか入っていなくて少なく感じました。

モサモサとした舌触りと、フニャフニャとした食感…。筆者が食べたことのあるキウイとは違うような…。どちらかというと苦手な味でした。

アイスよりも酸味は薄いものの、中心はやはり甘酸っぱくて、アイスのクオリティの高さを実感。

皮を剥くのが面倒なキウイですが、今度食べる時はしっかり自分で剥いてから食べてみようと思います。

ご紹介した『セブンプレミアムゼスプリグリーンキウイ』の価格は192円(税込み)、カロリーは1袋あたり37キロカロリーです。

【まとめ】セブン-イレブンのアイス、進化が止まらない!

sweets

セブンイレブンで販売されている、アイス『まるで〇〇』シリーズの2種類をご紹介しました。

筆者的な感想をまとめると…

     
  • 『セブンプレミアム まるで濃蜜芋』の食感は、ホクホクとねっとりでおいしかった
  • 本物の芋のような濃厚な甘さをアイスで体験できた
  • 初めて食べた日の翌日もセブンイレブンでアイスを買った
  • 『セブンプレミアム まるでキウイ』は、本物のキウイを超える甘酸っぱさでびっくりした
  • 濃縮されたキウイを体験したい人におすすめのアイス
 

上記でも書きましたが、2日続けてセブンイレブンへ買いに走るほど、『セブンプレミアム まるで濃密芋』はおいしかったです。

また、当ブログでは2021年秋の新作アイスを、こちらの記事でもご紹介しています。ぜひ、チェックしてみてください!

最後までご覧いただき、ありがとうございました。