HARUnoLABO.

コンビニの新商品から100均まで毎週ご紹介!忖度なしのホンネレビュー。

コンビニ 商品レビュー

セブンイレブンで、サラダとサンドイッチに同じ味を見つけた! コールスローは何が違うの?

セブンイレブンでは、カップサラダの種類が毎週のように入れ替わっています。

中でも、『コールスローサラダ』は季節によって野菜の食感が変わり、商品名も変わる珍しいサラダです。

そんな『コールスローサラダ』が、セブンイレブンでサンドイッチとしても販売されていました。

今回は、

  • 『コールスローサンド』
  • 『コールスローサラダ』

をご紹介します。

セブンイレブン『コールスローサンド』を食べてみた

サンドイッチを作ると、ハムやチーズやレタス、ポテトサラダを挟むことが多い筆者。

コールスローサラダを挟もうと考えたことはありませんでした。おいしさは間違いないのに、野菜を刻んで作るのが面倒…。

その悩みを解決してくれるのが、セブンイレブンのサンドイッチです!

ボリューミーで食パンもふわふわに見えますね!めちゃくちゃおいしそう。

一時期、セブンイレブンのサンドイッチに挟まれたハムの大きさが話題になりました。

こう見ると、話題になったのが嘘のよう。食パンを開いてみると、こんな感じ。

大きいハムが1枚と、細切れがコールスローサラダと一緒に入っていました。

サンドイッチのボリュームとしては、豪華すぎますね!

コールスローサラダは、細かく刻まれた野菜がシャキシャキでニンジンの彩がきれいです。

優しい酸味のマヨネーズが、みずみずしいキャベツとしっかり絡んで、薄味になっていなくておいしい!

サラダだけでなく食パンもふわふわで、唇に伝わる食感にも感動しました。

サラダとの対照的な食感を楽しみながら食べられるサンドイッチです。

セブンイレブン『コールスローサンド』の成分・カロリーは?

セブンイレブン『コールスローサンド』の価格は237円(税込み)、カロリーは1包装あたり281キロカロリーです。

▽セブンイレブンで販売されている食パンシリーズ3種類を、こちらの記事でご紹介しています!

セブンイレブン『コールスローサラダ』を食べてみた

セブンイレブンでは、サンドイッチ以外にも通常のサラダとして、コールスローが販売されています。

しかも、食物繊維が1個で4.5gも入っていて、レタスを丸々1個食べるよりも、野菜を食べている満足感が得られますよ。

サンドイッチのコールスローサラダと比べると、使用されている野菜が結構違うのが目に見えて分かります。

ニンジンが入っていない代わりにコーンが入っていて、キャベツの切り方も大きめです。

ザクザクとした食感のキャベツは、キャベツの芯まで刻まれているので歯ごたえも抜群!

マスタードが入っているからか、酸味が際立つ味わいだったと思います。

また、ドレッシングの汁気が多かったのも、こちらのサラダでした。

セブンイレブン『コールスローサラダ』の成分・カロリーは?

セブンイレブン『コールスローサラダ』の価格は213円(税込み)、カロリーは1個あたり133キロカロリーです。

▽セブンイレブンでは、こんなサラダも販売されています!

【まとめ】セブンイレブンのサラダは、商品によって食材が変わる!

セブンイレブンで販売されている、コールスローサンドイッチとサラダを食べ比べました。

筆者的な感想をまとめると…

     
  • 『コールスローサンド』は、細かく野菜が刻まれてニンジン入りのだった
  • ハムのボリュームと食パンのふわふわ食感で、コールスローが際立っていた
  • 『コールスローサラダ』は、キャベツの芯まで大胆に切られた、ザク切り食感のサラダだった
  • ドレッシングの酸味が強く、水気が多かった
 

サンドイッチに挟むと、野菜の切り方や野菜自体がサラダ単体と異なっていて、セブンイレブンのこだわりを感じました。

また、セブンイレブンのサラダはこちらの記事でも詳しくご紹介しています。ぜひ、チェックしてみてくださいね!

最後までご覧いただき、ありがとうございました。