HARUnoLABO.

コンビニの新商品から100均まで毎週ご紹介!忖度なしのホンネレビュー。

コンビニ 商品レビュー

セブンイレブンにすみれ監修のインスタントスープ飯に! ラーメンのスープにご飯ひたひたの罪深い味

セブンイレブンで販売されている、有名ラーメン店『札幌味噌らーめん すみれ(以下、すみれ)』監修の商品。

2021年10月19日に、味噌スープにひたひたの『セブンプレミアム すみれ 札幌濃厚みそ飯』が新登場しています。

すでに、セブンイレブンで販売されている、すみれ監修の冷凍チャーハンと食べ比べてみました。

セブンイレブン『セブンプレミアム すみれ 札幌濃厚みそ飯』を食べてみた

味噌ラーメンでおなじみの『すみれ』が近くにない人は、セブンイレブンでカップラーメンやチルド商品として楽しめます。

筆者も、すみれのカップラーメンを食べたことがありますが、残ったスープにご飯を入れて食べたい…と感じた回数は数知れず…。

そんな、ラーメンのスープとご飯が最初から合体している罪深い商品が発売されました。

『セブンプレミアム すみれ 札幌濃厚みそ飯』に付いていたのは、後入れの香味油のみ。

スープの粉末が入っていそうな気配は、フタを開けた時点ではありませんでした。

カップの内側にお湯を注いで、5分待つと…。

ご飯が水分を吸って、ふっくらに!ご飯の上に開けた、香味油は透明でした。

さて、このままではまだ食べられません。

カップの底からスプーンでゆっくりと混ぜます。

どこかに隠れていたスープが溶けて、一気に茶色くなりました!

シャバシャバと水っぽかったカップの中から『とろみ』が出て、リゾットのような見た目に。

味は、カップラーメン『セブンプレミアムゴールド すみれ 札幌濃厚味噌』のスープに、ご飯をそのまま入れた味でした。

濃厚な味噌スープは、すみれならではのパンチがある風味で、玉ねぎのアクセントが効いています。

ご飯と味噌スープが合わないわけがない…。とても罪深いです。

トロトロなご飯の中に混じっている、ひき肉・ネギの食感も楽しめました。

『セブンプレミアム すみれ 札幌濃厚みそ飯』の価格は257円(税込み)、カロリーは1個あたり426キロカロリーです。

▽セブンイレブンで販売されていた、すみれ監修の商品はこちらの記事でも紹介しています!

セブンイレブン『セブンプレミアム すみれチャーハン』を食べてみた

続いて筆者が食べたのは、セブンイレブンで数回リニューアルを重ねているロングセラーのチャーハン『セブンプレミアム すみれチャーハン』

冷凍食品売り場に並んでいるので、見たことがある人も多いと思います。

600Wの電子レンジで4分40秒ほど温めて、お皿に移すとこんな感じ。

黄金色が美しい、至ってシンプルなチャーハン。

具材には、冷凍チャーハンとは思えない量の刻みチャーシューが入っていました。

炒り卵もまんべんなくチャーハンと混ざっていて、無駄に着飾っていない見た目が筆者的には好印象。

味もイメージ通りで、「これでいいんだよ!」と言いたくなるようなチャーハンでした。

パラパラとしたご飯粒の食感と、サラッとした油分、卵の優しい風味が全体から漂っていておいしかったです。

あっさりとした味わいだったので、ラーメンと一緒に食べたくなるかもしれません。

『セブンプレミアム すみれチャーハン』の価格は300円(税込み)、カロリーは1袋あたり567キロカロリーです。

▽筆者イチオシ!セブンイレブンで販売されているラーメンは、こちらでも紹介しています!

【まとめ】セブンイレブンとすみれのチャーハン、お腹の空き具合で選ぼう

セブンイレブンで販売されている、すみれ監修のインスタントスープ飯と冷凍チャーハンを食べ比べました。

筆者的な感想をまとめると…

     
  • 『セブンプレミアム すみれ 札幌濃厚みそ飯』は、濃厚な味噌ラーメンのスープにご飯を入れた罪深い食べ物
  • 混ぜるととろみが出てきて、リゾットのようになる
  • 『セブンプレミアム すみれチャーハン』は、ロングセラーの冷凍チャーハン
  • チャーシューがゴロゴロで、あっさりとした食べやすいシンプルな味わい
 

それぞれ真逆の味の濃さでした。

スープ飯は1個だけでお腹いっぱいになりますが、冷凍チャーハンはあっさり味なのでおかずと一緒に食べたくなります。

お腹がどれくらい空いているかどうかで、どちらを食べるか選ぶのがおすすめですよ。

最後までご覧いただき、ありがとうございました。