HARUnoLABO.

コンビニの新商品から100均まで毎週ご紹介!忖度なしのホンネレビュー。

コンビニ 商品レビュー

セブンイレブンで『和菓子』風のスイートポテトが販売されていた 普通のスイートポテトとどう違うの?

セブンイレブンでは、秋の味覚が楽しめるスイーツが続々と登場しています。

今回は、セブンイレブンの焼き菓子売り場で見つけた、秋に食べたくなるスイートポテトをご紹介します。

しかも、ただのスイートポテトではなく『和風スイートポテト』です。

通常の味付けと何が違うのか、比較しながらまとめました。

セブンイレブン和菓子『和風スイートポテト』と普通のスイートポテトの違いは?【見た目】

セブンイレブンオリジナルの和菓子や、焼き菓子が並べられている売り場で見つけた『セブンプレミアム 和風スイートポテト(以下、和風スイートポテト)』。

どこが『和風』なのか気になりますよね。

まずは、セブンイレブンで販売されている別のスイートポテトと、見た目を比較してみました。

用意した商品はこちらです。

『なると金時芋』が使用されている、という点以外は至って普通そうなスイートポテト。

商品名は『セブンプレミアム なると金時芋使用スイートポテト』…そのままですね。

お皿に並べてみると、こんな感じ。

左の『和風スイートポテト』は、見た目からしてホクホクとしていそう。

手に取った感触も、分厚い皮に白あんが覆われた『ひよこまんじゅう』みたいだと感じました。

一方、右のスイートポテトは茶色っぽくてツヤツヤとしています。

手に取ると、油分が多くてそのまま持って食べるのは難しそうでした。

半分に切ってみると、こんな感じです。

やはり、和風スイートポテトの外側が皮っぽい気がしますね。

包まれた芋あんには、大きめの芋の粒が入っています。

一方、右のスイートポテトは丁寧にマッシュして『こされた』芋が、なめらかできれいです。

黒い粒はサツマイモの皮なので、なると金時芋を丸ごと楽しめるように作られています。

セブンイレブン和菓子『和風スイートポテト』と普通のスイートポテトの違いは?【味】

続いては、味の違いを比較してみました。

まずは、和風スイートポテトからご紹介します。

食感は、前述の見た目から感じた『ひよこまんじゅう』そのものでした。

サラサラとした外側の皮は分厚く、中には白あんのような上品な味わいの芋あんが入っています。

スイートポテトといわれると正直、悩みますね…。和菓子であることは間違いないでしょう。

甘すぎず、粒感のあるあんこの芋風味も優しくておいしかったです。

一方、なると金時芋のスイートポテトは、しっとりとした食感と華やかな芋の香りが鼻に抜けて、ちょっと贅沢なスイートポテトを食べているような気分に。

こちらも甘すぎず、食べやすかったです。

筆者的には、あまり食べ慣れていない味のスイートポテトだったので、自分でもなると金時芋を使用してお菓子作りがしたくなりました。

▽セブンイレブンで秋の味覚が楽しめるスイーツは、いかがですか。

セブンイレブン和菓子『和風スイートポテト』と普通のスイートポテトの違いは?【カロリー】

スイートポテト2種類の成分・価格・カロリーをご紹介します。

まず、和風スイートポテトの価格は108円(税込み)、カロリーは1個あたり156キロカロリーです。

お手頃な和菓子を食べたい人は、手に取ってみてください!

続いては、なると金時芋のスイートポテトです。

価格は138円(税込み)、カロリーは1個あたり128キロカロリーとなっています。

意外にも、和風スイートポテトよりカロリーは低いことが判明しました。

▽芋がおいしい商品は、こちらの記事でもご紹介しています!

【まとめ】和風スイートポテトは、もはや和菓子

セブンイレブンで販売されている、スイートポテト2種類を食べ比べました。

筆者的な感想をまとめると…

     
  • 和風スイートポテトは、『ひよこまんじゅう』にも似た和菓子だった
  • 上品な甘さと風味の芋あんが、白あんのようだった
  • なると金時芋のスイートポテトは、ツヤがありしっとりとした食感だった
  • 芋の香りが華やかで贅沢な味わい
 

見た目も味も大きく違いました。

和菓子が好きな人には見逃せないスイーツだと思います。

また、こちらの記事では、かつてセブンイレブンで販売されていた芋味のスイーツをご紹介しているので、チェックしてみてください!

最後までご覧いただき、ありがとうございました。