HARUnoLABO.

コンビニの新商品から100均まで毎週ご紹介!忖度なしのホンネレビュー。

コンビニ 商品レビュー

セブンイレブンのわらび餅スイーツ、カロリーは高め? 黒蜜を閉じ込めたわらび餅が天才的なうまさ

セブンイレブンで販売されている、わらび餅が入った和風スイーツ。

わらび餅といえば、甘さは控えめでカロリーが低そうなイメージがありますが、セブンイレブンのスイーツはどうでしょう。

今回は、わらび餅が入ったスイーツを2種類ご紹介します。

商品の写真や、気になるカロリーもまとめているので、チェックしてみてくださいね。

セブンイレブン×わらび餅『ひとくちきなこわらび餅 黒蜜入り』

筆者がセブンイレブンで発見した、わらび餅スイーツの1つが『ひとくちきなこわらび餅 黒蜜入り』です(2021年11月現在)。

カップいっぱいにきなこが入っている、和風スイーツ感が満載の商品となっています。

ゴロゴロと入っているわらび餅の1個1個に、しっかりときなこがまぶされていて、フタを開けた際にくしゃみをするのは危険です。

商品名には『黒蜜入り』とありますが、この時点では、どれくらいの量が入っているのか分かりません。

ピントがずれてしまっていますね…。

わらび餅の大きさは、1個が3〜4cmほどありました。

6個か7個入っていて、ボリュームは十分です。

一口食べると、香ばしいきなこが鼻を抜けて、上品な和風スイーツを食べている気分になります。

きなこ自体は甘くなくて、きなこそのものの味を楽しめました。

モチッと弾力のあるわらび餅は、程よい甘さで、噛むとトロッとした黒蜜が溢れてきます。

まさか、黒蜜がわらび餅の中に隠れていたとは思っていなかったので、びっくりしました。

カップも汚れず、おいしく食べられるので天才的なスイーツだと思います。

黒蜜が入っていながら、全体的な甘さは控えめで、食べやすかったです。

そんな『ひとくちきなこわらび餅 黒蜜入り』の価格は203円(税込み)、カロリーは1個あたり222キロカロリーとなっています。

▽セブンイレブンのわらび餅スイーツは、こちらの記事でもご紹介しています!

セブンイレブン×わらび餅『わらび餅と白玉のクリームぜんざい』

筆者がセブンイレブンで発見した、わらび餅スイーツの2つ目が『わらび餅と白玉のクリームぜんざい』です(2021年11月現在)。

前述のわらび餅スイーツは、きなこと黒蜜という王道の組み合わせでした。

こちらは、これでもか!というほど甘味を詰め込んだ、甘いもの好きな人が喜ぶ商品となっています。

カップの中には、きなこがまぶされたわらび餅が3個、白玉が3個、ホイップクリーム。

わらび餅は小さめで、黒蜜は入っていません。

『ぜんざい』なら入っていて当然の『あんこ』はどこかというと…。

わらび餅などの下に、びっしりと隠れていました!

カップは底が深いので、あんこの量はとても多いです。

トロトロ食感の白玉や、もちもちのわらび餅と一緒に食べる粒あんの甘さは相性も最高。

口どけのいいホイップクリームは、ミルクの風味もありつつ甘さは控えめで、あんこの甘さとちょうどいいです。

ただ、あんこがぜんざいのように本当に甘いので、ほかの甘味と交互に食べなければ飽きがきてしまいます。

筆者でも完食はキツかったので、相当甘いものが食べたい時に購入するのがおすすめです。

そんな『わらび餅と白玉のクリームぜんざい』の価格は300円(税込み)、カロリーは1個あたり317キロカロリーとなっています。

ボリュームもあるので、カロリーは高いですね…。食べるタイミングは考えた方が良さそう。

▽セブンイレブンのわらび餅スイーツは、こちらの記事でもご紹介しています!

【まとめ】セブンイレブンのわらび餅スイーツ、季節で変わるラインナップ

セブンイレブンで販売されている、わらび餅が入ったスイーツを2種類ご紹介しました。

筆者的な感想をまとめると…。

     
  • 『ひとくちきなこわらび餅 黒蜜入り』は、上品で香ばしいきなこと黒蜜の組み合わせが間違いない
  • 全体的に甘すぎず、1個が大きいので満足感も大きい
  • 『わらび餅と白玉のクリームぜんざい』は、真の甘いもの好きな人におすすめのスイーツ
  • あんこの量が多くて、食べ方に注意しないと飽きる
 

また。こちらの記事では、セブンイレブンで以前販売されていたわらび餅スイーツをご紹介しています。

季節によって味付けも大きく変わるので、わらび餅が好きな人は、合わせてチェックしてみてください。

最後までご覧いただき、ありがとうございました。