HARUnoLABO.

コンビニの新商品から100均まで毎週ご紹介!忖度なしのホンネレビュー。

商品レビュー

マックで「ハワイなう」気分を味わいたくて新メニュー3種類制覇したら、気付いたことがあった

マクドナルド(以下、マック)から、ハワイアンな気分を味わえるハンバーガーが登場しました。

夏にしか食べられないメニューも復刻です!

今回は、

  • 『チーズロコモコ』
  • 『ガーリックシュリンプ』
  • 『ハワイアンバーベキュー ザク切りポテト&ビーフ』

を食べ比べてみました。

『チーズロコモコ』を食べてみた

「チーズの量、ハンパないって…」

夏になると、マックで復刻する定番のメニュー『チーズロコモコ』です。

ハンバーグがチーズの海にのまれています…見た目の破壊力がすごい

チーズの量にも驚きですが、ロコモコといえば目玉焼きですよね。

分厚くて、きれいに丸い目玉焼きがバンズの下に隠れていました。

全体的にかかった甘辛いバーベキューソースが濃厚で、さらにマヨネーズソースからレモンのような酸味を感じて、飽きない味です。

レタスは少なかったですがフルーティーさもあり、チーズのまったりとした味を緩和していたように感じました。

ハンバーグのジューシーさは、ソースなどに溶け込んであまり存在感がなかったです。

『チーズロコモコ』の価格は単品で420円(税込み)、カロリーは1個あたり564キロカロリーとのこと。

▽同シリーズで、スイーツやドリンクも登場しています!

『ガーリックシュリンプ』を食べてみた

筆者が、マックの『ガーリックシュリンプ』を初めて食べた時、「何だコレ、しょっぱうまい!」と衝撃を受けました。

発売当初、SNSでは「辛かった…」というマイナスな意見も多かったこちらのバーガー。

今回、マックの公式ホームページを確認したら、『辛味が苦手な方は…』というような注意表記もありました。

味は、以前と変わらずガーリックの刺激的な香りがして、カリカリの衣に包まれたプリプリのエビがおいしかったです。

香りやエビカツの食感を際立たせるために、ソースの中にガーリックチップも混ざっていて、工夫がされているなと感心しました。

味はやみつきになるおいしさでしたが、筆者的には以前より小さくなったような気がします。

『ガーリックシュリンプ』の価格は単品で420円(税込み)、カロリーは1個あたり468キロカロリーです。

『ハワイアンバーベキュー ザク切りポテト&ビーフ』を食べてみた

『ハワイアンバーベキュー ザク切りポテト&ビーフ』は、2021年7月28日から新発売のハンバーガーです。

見た目は、チーズバーガーにハッシュドポテトがはさまれているという、悪魔的なもの。

「何がハワイアンなんだろう…」と思った筆者ですが、バーベキューソースがハワイアン仕立てなのだそう。

また、写真には写っていませんがチーズの下に真っ赤なトマトソースが隠れています。

酸味があるだけでなく、前述した『ガーリックシュリンプ』のように、辛さのあるガーリック入りトマトソースなので、刺激がありました。

ハッシュポテトもハンバーガーも大好物な筆者にとっては、文句なしの1品。

いつもはハンバーガーと一緒に注文するポテトも、こちらを注文すれば1個で済むのでお得…でしょう。

『ハワイアンバーベキュー ザク切りポテト&ビーフ』の価格は単品で420円(税込み)、カロリーは1個あたり670キロカロリーです。

▽モスバーガーの商品も、こちらの記事でご紹介しています!

【まとめ】小さくなったり、合体したり…

マックに登場した「ハワイなう」な、夏の新商品をご紹介しました。

  • 『チーズロコモコ』は、例年通りおいしかった。
  • 『ガーリックシュリンプ』は、サイズがひと回りほど小さくなったように感じたのが残念。
  • 『ハワイアンバーベキュー ザク切りポテト&ビーフ』は、ポテトを注文しなくて済むのでお得かも

…というのが、今回の感想です。

同時発売で、「ハワイなう」を感じられるパンケーキやフィズも数種類登場しています。

マックのハンバーガーを食べて、夏の気分を盛り上げてはいかがでしょうか。

最後までご覧いただき、ありがとうございました。