HARUnoLABO.

コンビニの新商品から100均まで毎週ご紹介!忖度なしのホンネレビュー。

コンビニ 商品レビュー

ヤマザキ『マリトッツォ』菓子パンがめちゃくちゃうまい おすすめ3種類は期間限定かも!?

山崎製パン(以下ヤマザキ)から、おいしすぎる菓子パンスイーツが続々と登場しています。

大流行中の『マリトッツォ』などは、この夏絶対に見逃せません!

今回は、

  • 『ヤマザキ マリトッツォ オレンジピール入り』
  • 『クリームチーズケーキ蒸しケーキのとろけるぷりん』
  • 『鷹の祭典2021 クリームたっぷりサンド』

をご紹介します。

『ヤマザキ マリトッツォ オレンジピール入り』を食べてみた

ブリオッシュにたっぷりとクリームを挟んだスイーツ『マリトッツォ 』が大流行中です。

タピオカに続くブームを巻き起こし、ヤマザキも売り出しています。

イマイチ、タピオカブームに乗れなかった筆者ですが、マリトッツォはスーパーでも購入できるので安心して楽しみたいですね。

よく見るマリトッツォの写真と、断面のクリームのボリュームが異なるものの、その見た目は圧巻です。

中心には甘酸っぱいオレンジピールがゴロゴロ入っていて、なめらかで食感の重いクリームをさわやかな味にしていました。

大量のクリームは甘さが控えめで、シュワッと溶けます。

ブリオッシュもフワッフワで、バターの香りが漂ってこれだけでもおいしいと思います。

全体的にスイーツとして完成度が高く、初めてマリトッツォを体験した筆者としても満足のいくものでした。

『ヤマザキ マリトッツォ オレンジピール入り』の価格は150円前後、カロリーは1個あたり303キロカロリーです。

『クリームチーズケーキ蒸しケーキのとろけるぷりん』を食べてみた

ヤマザキの『クリームチーズケーキ蒸しケーキのとろけるぷりん』は、定期的に販売が再開されています。

リニューアルを重ね、今回は『九州産クリームチーズ』が使用されているそうです。

ただ、筆者が九州地方に住んでいるからなのかもしれないので、他の地方のスーパーではパッケージの表記が異なる可能性も。

以前は、北海道のマークが入っていましたが、こちらは九州のマークです。

見た目がおいしいのでもう優勝。

『ヤマザキ 北海道チーズ蒸しケーキ』は、トーストで軽く焼いて食べたりするのが筆者的におすすめですが、こちらは冷やしてスプーンで食べましょう

しっとりフワフワのチーズ蒸しケーキの下から、トロトロのプリンが出現。

チーズケーキは食べ慣れた優しい味ですが、濃厚でカスタードに近い甘さのプリンが加わることで、新しいスイーツとして楽しめました。

噛まなくても溶けていくスイーツは、いつの間にか食べ終わっているので怖いですね…。

『クリームチーズケーキ蒸しケーキのとろけるぷりん』の価格は150円(税込み)、カロリーは1個あたり305キロカロリーです。

『鷹の祭典2021 クリームたっぷりサンド』を食べてみた

『めっちゃ鷹く!』のキャッチフレーズが、目を引くパッケージのスイーツ。

筆者は野球に詳しくないのですが、どうやら『ソフトバンクホークス』とコラボしているようです。

どこか、マリトッツォにも似ているような見た目に惹かれて購入した筆者。

クリームをサンドしているのは、ブリオッシュではなくフワッフワのパンケーキです。

大量のクリームはほのかにピンク色で、もったりとした重めの食感ですが、イチゴの甘さは控えめなのでパクパク食べ進められました。

さらに、中からあまおう苺ジャムが出てきて、酸味が加わりすっきりとした後味が感じられておいしかったです!

『鷹の祭典2021 クリームたっぷりサンド』の価格は150円前後、カロリーは1個あたり329キロカロリーです。

【まとめ】コンビニ・スーパーでも買えるから急いで!

swe

ヤマザキから登場した、マリトッツォや菓子パンをご紹介しました。

商品によっては、コンビニで取り扱いのあるものもあるようです。

筆者が今回ご紹介した『鷹の祭典2021 クリームたっぷりサンド』は、セブンイレブンで購入しました。

流行しているスイーツを積極的に取り入れていくヤマザキ。

価格も安いので、ぜひ手に取ってみてくださいね。

最後までご覧いただきありがとうございました。