HARUnoLABO.

コンビニの新商品から100均まで毎週ご紹介!忖度なしのホンネレビュー。

商品レビュー

ヤマザキ『マリトッツォ』vsフジパン『マリトッツォ風』 本当においしいのはどっちだ!?

ヤマザキ製パン(以下、ヤマザキ)の『マリトッツォ』が、おいしすぎるスイーツとして話題に。

ヤマザキのマリトッツォは、ベーカリーコーナーでも常温商品が販売中です。

一方、フジパンもマリトッツォを発売開始しましたが…。

今回は、

  • ヤマザキ『マリトッツオ』
  • フジパン『スイーツスナックサンド マリトッツォ風』

を食べ比べました。

ヤマザキ『マリトッツオ』を食べてみた

ヤマザキのから発売されているマリトッツォは、2タイプあります。

1つは、スーパーのベーカリーコーナーに並んでいるもの、もう1つは冷蔵スイーツコーナーに並んでいるものです。

今回は、フジパンのマリトッツォと比較するため、当ブログでは初の常温マリトッツォを食べました。

実は、発売から結構な日数が経っているこちらのマリトッツォ。以前のパッケージには、『マリトッツォ風』と表記されていたのをよく覚えています。

購入しなかったのは、その見た目が損をしているからです。

SNSなどで見慣れたマリトッツォには、とても見えないクリーム量。

ブリオッシュに隠れていて、『クリームが全然入ってなさそう』に見えますよね。

しかし、ナイフを入れて驚きました。

とんでもない量のクリームが入ってますやん…。

もったりと固い食感のクリームが、オレンジピール風味の優しい香りがするブリオッシュにサンドされて、想像以上にマリトッツォでした。

ちなみに、ヤマザキの冷蔵スイーツで販売されているマリトッツォと比較すると、ブリオッシュの柔らかさ・バターの風味に物足りなかったです。

ヤマザキ『マリトッツォ』の成分・カロリーは?

ヤマザキ『マリトッツォ』の価格は127円(税込み)、カロリーは1個あたり336キロカロリーです。

▽ヤマザキから発売されているマリトッツォシリーズは、こちらの記事でもご紹介しています!

フジパン『スイーツスナックサンド マリトッツォ風』を食べてみた

フジパンの定番商品『スナックサンド』シリーズに、流行を逃さない『マリトッツォ風』が登場しました。

形は、いつもの『スナックサンド』ですよね。味をマリトッツォに寄せているから『マリトッツォ風』なのでしょうか。

食べる前に驚いたことが1つ。

写真では伝わりにくいのですが、こちらの商品は『1枚入り』です。『スナックサンド』は2枚組が定番なのにどうして…と、思わず購入をためらいました。

いつもよりバターの風味が強い、フワフワ食感のパンに包まれていたのは、バニラ風味のホイップクリーム。

おいしかったのですが、マリトッツォに似ているかは分かりませんでした。

サンドされているのが特別なクリームでも、味の珍しさは薄く、どうせなら2枚食べたかったです。

1枚入りで販売されているのは、フジパンが実験的に売れるかどうか試しているのかも…と筆者は予想します。

フジパン『スイーツスナックサンド マリトッツォ風』の成分・カロリーは?

フジパン『スイーツスナックサンド マリトッツォ風』の価格は95円(税込み)、カロリーは155キロカロリーです。

▽フジパンの『スナックサンド』は、こちらの記事でもご紹介しています!

【まとめ】マリトッツォはヤマザキ派だけど…

ヤマザキとフジパンの『マリトッツォ』関連商品を食べ比べました。

筆者の感想をまとめると…

     
  • ヤマザキの常温マリトッツォは、見た目で損をしている
  • ヤマザキの常温マリトッツォは、クリームたっぷりで『萌え断』
  • フジパンの『マリトッツォ風スナックサンド』は、おいしいけど、マリトッツォらしくない
  • 1枚しか入っていない理由が気になる
 

ヤマザキは、安定したおいしさのマリトッツォを次々に販売している一方、フジパンは別のところにも力を入れています。

フジパンの本気を感じられるパンは、『スナックサンド』シリーズだけではありません。近日公開予定の記事をお待ちください!

最後までご覧いただき、ありがとうございました。