HARUnoLABO.

コンビニの新商品から100均まで毎週ご紹介!忖度なしのホンネレビュー。

コンビニ 商品レビュー

セブンイレブンにバブカが復活してた! チョコとシナモンを包み込むデニッシュ生地に癒されてみて

2020年の冬、セブンイレブンのパンで大人気だった『バブカ』が2021年も復活しました!

さらに、クリスマス仕様のパッケージに入った『ドーナツ』も販売されています。

今回は、2021年12月に絶対食べておくべき、セブンイレブンのパンを2種類食べてみました。

価格やカロリーなども参考にしてください!

セブンイレブン×パン『チョコレートのバブカ』

セブンイレブンで販売されていた『チョコレートのバブカ』を食べてみました。

バブカは、アメリカのパンです。

2019年頃から、じわじわと日本で流行りだしていたとか。

デニッシュパンとチョコ、シナモンが1個で味わえます。

バブカの正面からは、すきまにチョコが入っているのが見えます。

横から見ると、チョコがはみ出していて、パンの中にかなりたくさんのチョコが詰まっているかのように思えますよね。

バブカの断面はこんな感じでした。

想像していたより、チョコの場所がかたよっているような…。

「見掛け倒しか…」とがっかりした筆者ですが、食べるとその考え覆ることに。

なぜか、噛む場所の全てからチョコが出てきます。

チョコの食感は、ほろっとした柔らかい部分と、カリッとしたチョコチップの部分の2種類が感じられました。

チョコの甘さは控えめで、スパイシーなシナモンの風味も加わって、ムシッと詰まっているデニッシュ生地との相性は抜群です。

コンビニによってバブカの味わいには個性が現れるので、食べ比べてみるのも楽しいと思いますよ!

セブンイレブン×パン『チョコレートのバブカ』のカロリーは?

セブンイレブンで販売されていたパン『チョコレートのバブカ』の価格は、149円(税込み)、カロリーは1個あたり415キロカロリーです。

▽バブカは、こちらの記事でもご紹介しています!

セブンイレブン×パン『セブンプレミアム チョコがけツイストドーナツ3個入』

セブンイレブンで販売されていた『セブンプレミアム チョコがけツイストドーナツ3個入』を食べてみました。

驚きなのは、1袋にドーナツが3本も入っているということ!

1つ1つにしっかりとチョコがかかっていて、ムラがないのも丁寧さが感じられて、筆者的に高評価です。

ちなみに、ドーナツの裏側はこんな感じ。

チョコがかかっているのは表面だけなので、甘さで飽きることなく食べられます。

実際に食べてみると、チョコの甘さは控えめで、ドーナツ生地に対して薄くついていました。

ふんわりと柔らかいドーナツも、ミルクの風味が優しく感じられる程度でシンプルな味わいです。

全体的に軽い口当たりで、3本入っていてもすぐになくなってしまうほど、食べやすいと思います。

筆者的に、牛乳やココアと一緒に食べるのがおすすめです!

セブンイレブン×パン『セブンプレミアム チョコがけツイストドーナツ3個入』のカロリーは?

セブンイレブンで販売されていたパン『セブンプレミアム チョコがけツイストドーナツ3個入』の価格は、149円(税込み)、カロリーは1個あたり221キロカロリーです。

▽セブンイレブンのドーナツは、こちらの記事でもご紹介しています!

【まとめ】セブンイレブンのバブカは早くも大人気!

その他

セブンイレブンで販売されていた、2021年12月に食べておくべきおすすめのパンを2種類ご紹介しました。

筆者的な感想をまとめると…。

     
  • 『チョコレートのバブカ』は、チョコとシナモンの香りが心地よかった
  • チョコのサクサク・ほろほろ食感と量が、デニッシュに合っていた
  • 『セブンプレミアム チョコがけツイストドーナツ3個入』は、チョコのほのかな甘さとミルク風味のパンが合っていた
  • シンプルな味わいと軽い口当たりで、ぺろっと食べ切れてしまう恐ろしさ
 

実際に、バブカは再販を待ち望んでいた声が以前から多かったので、SNSで早くも話題になっていました。

まだ食べていない人は、品薄になる前に購入したほうがいいかもしれません。

また、こちらの記事では、セブンイレブンのドーナツスイーツもご紹介しています。

ぜひ、チェックしてみてください!

最後までご覧いただき、ありがとうございました。