HARUnoLABO.

コンビニの新商品から100均まで毎週ご紹介!忖度なしのホンネレビュー。

商品レビュー

不二家ミルキーのペコちゃんから挑戦状 ミルキー味のポテチ、キミはぜんぶ食べきれるかな!?

不二家の代表的なお菓子『ミルキー』が、ポテトチップス(以下、ポテチ)になって販売されました。

練乳の濃厚な甘さのソフトキャンディーから、遠い存在のポテチにどうしてなってしまったのか…謎です。

恐る恐る、ミルキー味のポテチを食べてみました。

また、ミルキー味の『マリトッツォ』も見かけたので、まとめてご紹介します。

不二家ミルキー『ミルキーポテトチップス』

スーパーで『ミルキーポテトチップス』を購入してみました。

パッケージに書かれた『ポテチ〜がママの味〜』『ペコチャレンジ キミはぜんぶ食べきれるかな!?』というメッセージに触発された筆者。

その挑戦状、受けてやろう…という気になりました。

ミルキーとポテチの組み合わせに、あまり味のイメージができないまま袋を開けると…。

ブワッと食べ慣れたミルキーの甘〜い『あの香り』が、強烈に香ってきました。

食べる前から強烈すぎたその香りに、一瞬ためらいそうになりながら、ひとくち。

練乳の濃厚な甘さと、素朴なポテチが合体したそのままの味わいでした。

しょっぱさよりも甘さが強く、軽い食感ながら『サツマイモチップス』なんかに近いかもしれません。

ポテチ全体に白いパウダーがかかっていて、この正体がミルキー味なのでしょう。

想像していたよりもかなりおいしくて、1袋あたり約50gの内容量と少なかったので、もっとたくさん食べたかったです。

不二家ミルキー『ミルキーポテトチップス』のカロリーは?

スーパーで販売されていた不二家の『ミルキーポテトチップス』は、128円(税抜き)、カロリーは1袋あたり280キロカロリーです。

※販売時期や地域によって価格は異なります。

▽不二家のミルキー味がおいしい商品は、こちらの記事でもご紹介しています!

ヤマザキ×ミルキー『ミルキーマリトッツォ』

山崎製パン(以下、ヤマザキ)が、不二家のミルキーと『マリトッツォ』を合体させた、『ミルキーマリトッツォ』を販売していました。

これまで、数種類のマリトッツォを製造しているヤマザキ。

冷蔵・常温で食べられる2パターンがあり、ミルキーマリトッツォは『常温』で販売されていました。

そんなミルキーマリトッツォの見た目は、ミルキーをイメージしているからか、全体が真っ白です。

ちなみに、これまでのヤマザキ製造マリトッツォは、こちらの記事でご紹介しています。

上から見ると、マリトッツォ最大の武器・クリームがどれくらい入っているのか分かりにくいですよね。

半分に切ってみると…。

たっぷりとクリームが詰まっていました!

クリームの食感は硬めで、ホワホワとしたなめらかな口当たりです。

練乳が使用されているということもあり、濃厚なミルキー風味の甘さが味わえました。

ブリオッシュ生地はふんわりとした軽さがあって、少し塩気があったような気がします。

食べながら、ブリオッシュからはみ出すクリームの量に、筆者は感激しっぱなしでした。

ヤマザキ×ミルキー『ミルキーマリトッツォ』のカロリーは?

スーパーで販売されていたヤマザキ製造の『ミルキーマリトッツォ』は、130円前後(税抜き)、カロリーは1個あたり342キロカロリーです。

※販売時期や地域によって価格は異なります。

▽不二家のミルキー味がおいしい商品は、こちらの記事でもご紹介しています!

【まとめ】ミルキー味のポテチは100%おいしい!

スーパーで販売されていた、不二家ミルキー味の商品を2種類ご紹介しました。

筆者的な感想をまとめると…。

     
  • 『ミルキーポテトチップス』は、袋を開けた瞬間の香りがミルキー100%
  • しょっぱさよりも甘さが勝り、後味にミルキーの甘さが濃く残った
  • 『ミルキーマリトッツォ』は、全体的に白色をしていた
  • ボリューミーなクリームは、練乳風味で濃厚だった
 

ペコちゃんから煽られるようなパッケージでしたが、食べきれない理由が見つからないほどおいしかったです。

また、こちらの記事では、ヤマザキと不二家の代表的なお菓子がスイーツになったものをご紹介しています。

ぜひ、チェックしてみてください。

最後までご覧いただき、ありがとうございました。