HARUnoLABO.

コンビニの新商品から100均まで毎週ご紹介!忖度なしのホンネレビュー。

カップラーメン コンビニ 商品レビュー

ベビースターアイス、感想に困る意外なおいしさが話題に 気になる人はファミマへGO!

ツイッターを始めとしたSNSで、『ベビースターアイス』が話題になっています。

入手できるのは、ファミリーマート(以下、ファミマ)だけです!

なぜか購入してしまう…そんな魅力のある『ベビースターアイス』は、一体どのような味なのか調査しました。

また、スーパーで販売されていた『ベビースターラーメン カップめん』のレビューもご紹介します。

『ベビースターラーメン チョコアイスバー』を食べてみた

ファミマ限定販売で、衝撃のルックスをしたアイス『ベビースターラーメン チョコアイスバー』をご紹介します。

筆者は勢いで購入したこちらのアイス、なかなか食べる勇気が出ずに1週間ほど冷凍庫で寝かせていました。

ようやく食べる決心がついたので、感想をまとめることに。

そもそもパッケージの時点で、凶悪さを放っていて興味本位ではない限り、絶対に手を出す人はいないだろうと思います。

『ベビースターラーメン』のイメージキャラクター・ホシオくんが、『あまじょっぱいハーモニー』というので気になってしまいました。

パッケージから取り出すと、写真そのままのアイスが出てきてショックを受けた筆者。ポロポロと取れるベビースターが、テーブルを散らかします。

インパクトはすごいですが、味は意外と『イケる』…。

ホシオくんのいう通り、ポリポリ食感のベビースターのしょっぱさとチョコにコーティングされたバニラアイスがマッチするので、あまじょっぱくておいしかったです。

イメージとしては、『ROYCE’(ロイズ)』の『ポテトチップチョコレート』を食べている感覚に似ているかもしれません。

ロイズほどの上質なチョコではありませんが、あまじょっぱさは共通しているでしょう。

また、アイス自体は『ブラックモンブラン』とほぼ同じ味なので、親しみやすい味だと思います。

『ベビースターラーメン チョコアイスバー』の成分・カロリーは?

『ベビースターラーメン チョコアイスバー』の価格は150円(税抜き)、カロリーは1個あたり210キロカロリーです。

▽パッケージにインパクトのあるアイスは、こちらの記事でもご紹介しています!

『ベビースターラーメン カップめん』シリーズを食べてみた

 

『ベビースターラーメン』関連の商品が発売されているのは、ファミマだけではありません。

アイスが発売された同時期に、カップ麺も2種類発売されました。

ちなみに、筆者がカップ麺を購入したのはスーパーです。

『チキン味』と『ピリ辛チキン味』の2種類ですが、味はほぼ同じだと筆者は感じたので、まとめてご紹介します。

     
  • 『チキンラーメン』とほぼ同じ味
  • 麺は固めで、『ベビースターラーメン』の名残があった
  • 『ピリ辛』は一味唐辛子が少し入っている程度で、ほぼ辛さはなかった
 

わざわざカップ麺にしなくてもよかったのでは…と感じました。

フタを剥がすと内側に『追いベビースターでさらにおいしい』と書かれていたものの、最終的に麺が増えるだけなので、おすすめはしません。

『ベビースターラーメン カップめん』シリーズの成分・カロリーは?

『ベビースターラーメン カップめん』シリーズの成分・カロリーは、画像でご確認ください。

①『ベビースターラーメン カップめん チキン味』

②『ベビースターラーメン カップめん ピリ辛チキン味』

価格はどちらも100円前後(税抜き)でした。

購入する店舗によって異なる可能性もあるので、ご確認ください。

▽筆者が最近おいしいと感じたカップ麺は、こちらの記事でもご紹介しています!

【まとめ】『ベビースターアイス』は当たり!なお、カップ麺は…

ファミマ限定販売の『ベビースターラーメン チョコアイスバー』や、スーパーなどで発売中のカップ麺2種類をご紹介しました。

筆者的な感想をまとめると…

     
  • ゲテモノ感があるアイスだけど、食べるとあまじょっぱさがクセになるおいしさだった
  • アイス自体は『ブラックモンブラン』と同じ味なので食べやすい
  • カップ麺は、イメージそのままで面白味に欠ける
  • 『追いベビースターラーメン』は、ラーメンが好みの味ならするべき
 

見た目のインパクトでアイスを遠ざけるのではなく、1歩踏み出すと意外なおいしさを体験できるはずです。

ファミマ限定商品なので、近くに店舗がある人は早めに足を運んでみてください。

また、面白いアイスはこちらの記事でもご紹介しています!ぜひ、覗いてみてくださいね。

最後までご覧いただき、ありがとうございました。